Carpediem

『私も頑張ろう』を届けたい

泣き虫少年の6年間 高橋郁弥 


f:id:blogcarpediem:20200209151859j:image

はじめまして

 『Carpediem』を運営しています、高橋郁弥(たかはしふみや)です。

ここでは私自身がどのような人生を送ってきたのかを綴っていきます。

 まずは、小学生時代をギュギュと詰めてみます。

 

タイトルにある通り、泣き虫でした。

特に泣くのは勉強。特に算数が酷かった・・・。 

学校ではあまり泣かなかったけど、家でやる宿題はよく泣いていました。(笑)

 

その理由はできないから。

 

ふみや、いいか。「出来なくて泣くな、悔してくて泣け」

 

これはその当時に兄から言われた言葉です。

当時は分からなかったですが、今になるとその意味がわかります。

 

ただ、嫌いなものはやりたくない僕。

そんなときにハマったのはサッカーでした。
単純に楽しかったんです。

リフティングができなくても「上手くなりたい」この一心で。

 

もちろん、試合で悔し泣きをすることはありましたが、勉強の涙とはまったく別物。

負けようが、コーチに怒られようが、まぁ楽しい。(笑)

きっと、出来ない勉強と向き合いたくない、泣く自分から逃げるために、サッカーに没頭したのかも知れません。

勉強嫌いのサッカー少年。
これは高校時代まで続きます。(笑)