Carpediem

『私も頑張ろう』を届けたい

100年、200年と未来へ続くデーツの森を子どもたちに―――『未来を残せない最後の世代』と言われて 原田めぐみ(64) 合同会社デーツフォレスト/一般社団法人グリーンボックス



f:id:blogcarpediem:20200208163650j:image

 

”生命の樹”なつめやしを後世に残す

 なつめやし。初めて聞いた植物の名前だった。その成り立ち、なつめやしに実るデーツ。調べる程に、人間の営みと共存してきたことを思い知らされた。

 そのなつめやしを100年、200年と未来へ続く”デーツの森”を創ろうと動き出したのは原田めぐみさんだ。

 

 「現在はなつめやしの植樹活動に加え、レストランやカフェの方たちとデーツを使ったコラボもしています。その背景には、子どもたちに緑ある自然を残すこと、来る食糧危機に向けてなど、いろんな想いが詰まっています」

 

 深刻化する地球環境。また特異な要素が絡み合う沖縄県だからこそ、デーツが大きな役目を担うとも話す原田さん。

 なつめやしに、そして後世にかける想いとは―――。   

 

改めて意識した健康

 これまで、食と環境をメインに地域振興や活性化、コンサルティング業務に従事。


 しかし、大病をきっかけに2015年に沖縄県へ移住。リハビリ生活の中で、改めて健康の尊さを痛感した。


 「例え回復していても、入院生活が長引くと『本当に良くなっているのかな?』って不安に思うんです。そして、気持ちも滅入ってしまう。内面の健康って大事ですから。そんな時、それまで大好きだったデーツの歴史的背景を知りました。命ととても深い関りがあること、そこに秘められたパワーに未来を感じました

 

 なつめやしの歴史は古く、紀元前6000年~8000年も前から存在。イスラム教信者が行うラマダーンを終えた人たちが最初に食すのが、水とデーツだそうだ。

 

f:id:blogcarpediem:20200418145435j:plain

なつめやしの木と、その実であるデーツ。

 

2019年デーツフォレストプロジェクトをスタート

 そして、2018年一般社団法人『グリーンボックス』を設立後デーツ事業部を立ち上げた。

 2019年には、『子どもたちに緑ある世界を残す』をテーマに掲げ、日本で初の”デーツの森プロジェクト”をスタート。

 「現在は苗を育てながら、植樹して頂ける方を募っています。植樹から3年、種からだと5年〜7年経たないと実がなりませんが、一度成長すれば100年以上生き、1本の樹から7000~1万数千個の実が成るんです」

 

f:id:blogcarpediem:20200418145437j:plain
f:id:blogcarpediem:20200418145434j:plain
デーツの苗。現在130本が育っている。

 

”観光大国”そう呼ばれるも

 子どもたちに対するアプローチに加え、沖縄県の生産者を助けたいという想いもある。

 同県の主たる経済柱のひとつに観光業がある。

 「たしかに国内の観光客やインバウンド(外国人観光客)の影響で経済も数字も右肩上がりとなっています。ですが、県民には還元されていなのが実態なんです」

 

 翻って、第一次産業ではどうなっているのだろうか。

 

 「沖縄県もまた、少子高齢化の一途を辿り、担い手不足が叫ばれています。夏場のハウス内は暑く命掛けの作業でもあります。その農作物さえも近年はホテル需要の7割近くが内地(本州)から来ている。いくら”高付加価値”、”高品質”な商品を他県に届けても、衰退しているのが事実です。『このまま沖縄県の第一次産業は継続できるの?』と前から危惧していました」

 

f:id:blogcarpediem:20200107175951j:plain

イエスがエルサレムに入る時に人々が、なつめやしの枝を持って迎えに来たという由来から聖なるものとされていた。画像引用:http://canalize.jp/6366.html

 

なつめやしが秘める可能性

 そんな沖縄県に新たな救いの一手となるのが、なつめやしなのかも知れない。

 性質上、台風や塩害にも耐える強さを持っており、夏場の台風や豪雨が激しい沖縄県でも根強く生き続ける。

 

 「サトウキビに代わる新たな経済作物になれたらと思っています。芽を出せば、ほとんど手を掛けずに成長をします。また、デーツを販売するだけではなく、先ほど話したように飲食店でも取り入れらるなど、加工にも非常に適しています。生産者にとっても、六次産業に繋げるのは持続的な収益を得るためにも重要な要素なんです」

 

 

f:id:blogcarpediem:20200418145741j:plain

沖縄UCCとのコラボ企画も進行中。なつめやしの森のイメージラッピングを施し県内の自動販売機にて発売予定。



 

生きた証を遺す

 子どもたち、そして沖縄県の産業に新たな可能性。多くの人たちの助けへの想いが込められているが、今の時代を作り上げてきた人たちに対しても『生前葬』という形で動き出している。

 

 例え肉体が無くなっても生命の樹として100年以上生きる。そして、デーツとして新たな命が宿る。

 

 「誰しもが、生きた証、生き様は残したいじゃないですか。それを墓碑ではなく、樹木としてご提案していきます。沖縄県の方のみならず、内地の人が旅行を兼ねてフラッと立ち寄るのも良いですよね。このなつめやしを子どもたち、沖縄県の産業、現代を生きる人たちに向けてーーー。それらをここ沖縄県から発信していきます」

 

 

f:id:blogcarpediem:20200418145657j:plain

沖縄県のみならず、後世に繋ぐデーツとしてSDGsへの取り組みにも積極的に取り組んでいる


 

さいごー地球はもはや茹で蛙の状態

 今や世界中で相次ぐ気温上昇、洪水、地震、森林火災。

 悪化し続ける地球環境に焦り続けることよりも、自身でなにかできる行動を促した。

 
 「私たちは、人類始まって以来の『なにも残せない最後のジェネレーション』と呼ばれています。戦後日本は、高度経済成長により、文化や文明は残りました。でも、私たちの世代は生み出すことよりも、日々の生活で地球環境を脅かしています。それを止めなきゃいけないわけです」

 

 地球があってこその人間の営み。だからこそ、この事業が持続的なものでならなければならない。

 

 「もはや、私たちは”茹で蛙の状態”です。でも、何年もメディアや各所で言い続けても変わらない。ファッションでもいいじゃないですか。なにかご自身で取り組めることから。よく、事業の想いを聞かれますが、切り口は決してひとつじゃないんです。私にできることは、なつめやし、デーツを残し、多くの人たちの生活を今一度豊かにすること。これが私に残されたことだと思っています