carpediem 

どんな人にも経験という歴史がある。その経験を書き記すことで人類にとって少しでもプラスになれるものを書いています。

MENU

創業30年のタイ料理レストラン「サワディー」。3代目が受け継ぐ道のり ロージンテンアヌワット(28)飲食店

f:id:blogcarpediem:20191011194814j:plain

 

受け継ぐ覚悟

 西武新宿線久米川駅から徒歩5分にある、タイ料理レストラン「サワディー」。オープンから30年が経ち、祖父と母が切り盛りしてきたお店を継いだのは息子であるアヌワットさんだ。

 お店を買い取りスタートしたのは2019年6月。現在は経営者としてお店を任せられるのか「試験期間中」だそうだ。新しいレシピの研究に加え、フェスや花見大会への出店と忙しい日々を送る。

 「家族経営とは言え、タダでお店を譲ってもらうという考えは最初からありませんでした。まずはお店を買い取り、今は奥さんと営業しています。これからがスタートです」 

 

サワディー 久米川店 - 久米川/タイ料理 [食べログ]

 

ボクシングをはじめる

 日本に来たのは小学校5年生の時。今でこそタイの友人からは「日本人みたいなタイ語を話すようになったな」と言われるほど、日本語が染みついている。

 しかし、来日当初は読み書きが充分ではなかったため、数字と公式を扱う数学が得意科目だった。

 「振り返ってみると、「うまく日本語を話せないから」、「外国人だから」といじめに合うことは一度もなかったですね。むしろ、優しい日本人に囲まれて育ちました。高校からは友人にボクシングは誘われたので、ノリでやってみようとはじめました(笑)」

 

f:id:blogcarpediem:20191011195207j:plain

お店はビルの2F。派手な装飾が目を引く階段

 

生活をかけて挑む人たち

 東京国際大学に進学。アメリカ留学を夢見るも、費用の高く断念。なにかに打ち込もうと、本格的にボクシングに取り組んだ。

 「1年も経たずにプロテストを受けて合格しました。(笑)結果から言うと4戦2勝2敗で引退。4戦目の相手は本当に強く、本気で人生をかけてやっている人はレベルが違うなと実感しましたね」

   ボクシング以外にも大学の手話サークルで活動、大学2年生のときにはタイに一時帰国し、1か月間お寺に出家など、多様な経験をした大学生時代だった。

  
f:id:blogcarpediem:20191102152726j:image

 

半年間の入隊生活

 大学卒業後の進路は軍隊に入隊。

 「軍隊制度はくじ引きで入隊するかしないか決まるんです。もしくは入隊志願もできます。僕は、ボクシングをやっていたので、どれぐらい過酷なのか試してみたかったのと、人生一回ですし経験してみよう!と思い志願しました」

 半年間の生活では、最初の3か月間はトレーニング。残り3月間は料理班を担当した。

 「元々、小さい時から家の手伝いをしていたため簡単な調理ならできるのではと思って決めました」

 もちろん、この時はまさかお店を継ぐ事は想像していなかった。


f:id:blogcarpediem:20191102153024j:image

 

このままで良いのか

 その後は、自分の日本語スキルがビジネスシーンでどれだけ通用するのか知るべく、タイでフリーランス通訳の仕事に就いた。大手食品メーカーで3か月間働くと正社員のオファーをもらった。

 「とても光栄なお誘いだったんですがお断りしました。というのも、タイは良くも悪くも”マイペース”な風土です。生活もなんとかなるんですね。その反面、『あれ、このままタイにいたら日本に戻って仕事できないぞ』と、どこか危機感にも似た感情が芽生えました」

 

右往左往した営業時代

 タイの人材企業の紹介で日本のアパレル会社に就職。洋服の内側にあるケアラベルやボタン、製品タグなどを扱う企業だ。事業内容よりも人事の方に感銘を受けての選択だった。

 「この方が勤める会社なら学べることも多いと考えました。本来、1年間日本で就業したらタイに帰国するのがルールだったんですが、それでは短すぎると思い『3年間勤務させてください』ともお伝えし、営業職として採用を頂きました」

 外国人採用は営業職でアヌワットさんただひとり。その上配属されたのは売上1位の営業所だった。

 「とくに議事録の作製が大変でした。話すのは得意でも、漢字が苦手で…。(笑)でも、周囲のサポートもあり1年後には、なんとかできるようになりました」

  入社当時は「いつタイに帰されるのか」と考えている時期もあったそうだ。

 

小さい頃の夢

 仕事も板についた入社4年目。「お店を閉めようと思う」と告げられたのは去年の11月だった。

 売り上げ減少に伴い、二店舗展開していたうちの一店舗はすでに閉店。久米川にある本店をどうするのか。

 創業者である祖父に「お店を継ぎたいか?」と尋ねられた。

 「話をもらった瞬間、『おじいちゃんとおばあちゃんが作ってきたものを残したい』という想いが一番強かったです。もちろん、母に対する恩返しも。ぼくは忘れていたんですが、子供のころの将来の夢が『自分のレストランを持つ』ことだったと、最近母から聞きました」 

 気づいたら「やりたいです」とその場で答えるアヌワットさんがいた。

 

f:id:blogcarpediem:20191011195322j:plain

店内は木目調の落ち着いた雰囲気

 

「わたしも一緒に手伝うよ」

 当時、お付き合いしていたウァイさんに相談。(現在の奥様)すると、「わたしも一緒に手伝うよ」とタイでの仕事を辞めて日本にやってきた。

 「僕よりも早く退職して日本で飲食店のノウハウを知る為にアルバイトもしてくれたんです。奥さん、とっても頑張り屋さんなんですよね。こう話すと、ちょっと恥ずかしいですけど…(笑)でも、いつも本当に感謝しています」

 ふたりは今年1月にタイで結婚式を挙げ、4年弱勤めた会社を退職。夫婦二人三脚でお店を6月からスタートさせた。

 

f:id:blogcarpediem:20191011195310j:plain

 

改善点を探す

 再建に向け、最初にしたことはレシピの作製だった。

 「これまではレシピが無く、コックさんも日によって違い、その都度味も変わってしまう。その結果、常連さんが離れる。というサイクルでした。まずは、そこから一新しようと動き始めました」

  奥さんとお義母さんが主に店舗運営を担当。お義母さんはタイで料理人の経験もあるため、昔ながらの味が楽しめる。

  その傍ら、アヌワットさんは平日、休日問わずフェスや県内外のお祭りへの出店と拠点をふたつに分けて営業している。


f:id:blogcarpediem:20191104200726j:image

 

常に学び、変えていく

 改善点を上げ、解決策を導入すると売り上げは好調。だが、その成功体験に惑わされないよう意識を払っている。

 「自分がいる環境だけを知って満足するのは危ないと思っています。今後はほかの飲食店にもアルバイトや、隙間時間を作ってまったく違った業種を覗いてみるなど、様々なノウハウを吸収したいです」

 早朝はジムに通いその後は読書。数年前までは漢字が読めず新聞も読めなかったが、今では小説はもちろん、週1冊は本を読み心身共に鍛えている。

 

f:id:blogcarpediem:20191011195259j:plain

 

訪れていない人生のKO

 ただ、ひとつアヌワットさんにとって気がかりなことがひとつある。それは今までの人生で大きな失敗がないことだ。

 前職においても、「アヌワットには失敗がないから怖いよね」と言われることもあったほど、仕事をこなしていた。その反面、いつかその時が来るのではないかと感じている。

 「失敗があるからこそ、成功が生まれると思うんです。でも、僕には今までその失敗がないんです。どこかで大きな失敗が訪れるんじゃないかと思っています」続けて、成功と失敗を自身のボクサー時代と重ね合わせた。

 「僕はパンチをもらい、そこから立ち上がれず、大学卒業を考えて引退したわけです。その判断を間違ったとは今も思いませんが、現役続行していれば違った成功に繋がったのかなと思ったりします」

 失敗を恐れている。というよりは、どこか楽しみにしているようにも感じられた。

 

さいごー成功に導く

 より多くの人たちに喜んでもらえる料理を提供することがなによりも重要。経営者として”数字”は外すことはできない。

 「初年度なので売上が上がるのは当然だと思っています。なので、来年が勝負の年です。暇さえあれば、お店のこと考えています(笑)」

 やるからには成功を目指していくというアヌワットさん。かと言って、”もっと欲しい”という欲は持っていない。

 「昔から目標は持っても、”欲”は持っていませんでした。常に現状を良くすることが一番大事だと思っています。今の夢は50歳ぐらいになったら世界一周することです。祖父は70歳になるまで働き詰めでした。その姿を見ているので、もっといろんな人生を歩んでみたいと思います。もちろん当分先の話ですが。(笑)そのためにも、お店を「持つ」だけじゃなく、「成功」に導く。今はまだそのスタートラインに立ったばかりです」

 

ーーーーー

【個人事業主・経営者の方々】

 

 

www.carpediem-humanhistory.com

www.carpediem-humanhistory.com

www.carpediem-humanhistory.com

www.carpediem-humanhistory.com

www.carpediem-humanhistory.com

 

 

 インタビュー募集

www.carpediem-humanhistory.com

 

※現在お問合せフォームがご利用できません!

こちらのアドレスまで直接メッセージお願いします。

blog_carpediem@yahoo.co.jp