carpediem 

どんな人にも経験という歴史がある。その経験を書き記すことで人類にとって少しでもプラスになれるものを書いています。

MENU

自営業

木材を見極め、良い家造りの一端を担う男 小池悠介(25)木材問屋

■頻繁に電話する間柄 大学時代の友人。今も大学の同期達と飲んだり、仕事終わりに電話するなど連絡を取り合う仲。「今回掲載した人、面白い人生歩んでるね。」など、いつもブログの感想を伝えてくれる。 卒業からこれまでの数年間の彼の事は知っていたが、材…

小学校からの同級生が話す、父親の会社を継ぐということ 岩木智也(26)電気工事士

■私が人生で初めて顔面を殴った男 小学校から高校までの学生時代を共に過ごし、今でも交流ある友人。一番の親友とも言える彼の顔を殴ったのは中学校2年生。今でこそ笑い話だが、当時はなにを勘違いしたのかと思う。彼はなにもしてないにも関わらず、特に大…